片付けの進捗

年末までに家の中をすっきりさせたいと思いつつもなかなか進まない。マジで進まない。片付けるどころか、かつてないほどに散らかっている。昨日の夜は居間に足の踏み場が無かった。

 

ミニベビーベッドとベビーバスを処分しようと思ったのは良いけれど、どちらもがっつり物置になっている。売りたかったらまず写真を撮るために物をどかさねばならないし、どかした物は捨てるなり仕舞うなりしなければならない。物を捨てたり仕舞ったりするのって気力体力ヒマな時間が揃ってないと出来ないんですよね、1つ2つなら揃うこともあるが3つはなかなか揃わない。

要らない服はけっこう古布に持っていけたんですが、ほとんど着てないor未開封の子供服はやっぱり勿体無くてなかなか踏み切れない。できれば誰かにあげたい。誰か要りませんか?

オーブントースターも粗大ゴミに出すと言いながら申込みもしていない。しかも粗大ゴミに出したい物が増えました。スキャナ付きプリンタを買い替えたので古いほうを捨てなくちゃ。古いスノコも捨てたい。粗大ゴミを捨てるのって物凄く面倒くさい。頑張れない。できれば粗大ゴミになるようなものは買いたくない。でも子供部屋に絵本を平積みしている状況に限界を感じてカラーボックス2個セットを買ってしまった。絵本が収納できて良かったけど、こだわって買った本棚じゃないからいつか捨てたくなりそう。こだわってミンネで可愛い本棚買おうとしたら受注生産(当然だ)だから1ヶ月待ちなんだもの。おうち型の本棚買いたかった。おうち型のも買っちゃおうかな。

書類がゴチャゴチャごちゃごちゃゴチャゴチャ溢れかえってるから、これも整理したい。要らないの捨てて処理しなきゃなのを見やすくして、そういえば10月末までに郵送しなきゃいけないやつあった。ほかにも出さなきゃいけない申請書、取得しなきゃいけない書類、保育園に持っていかなきゃいけないお楽しみ会用の服…何も片付いてない。

 

頭いっぱいの夢

去年の4月、COLDPLAYのライブがあって感想を書いていたけれど、下書きのまま公開しなかったなあと思って、今更だけど上げます。

2018年11月14日、一夜限りのドキュメンタリー映画公開に感謝を込めて。

 

---

4月19日夜はCOLDPLAY世界ツアーの東京公演でした。本当に素晴らしかった…あの夜の夢の中に私の一部が今も飛んでいて、虹色の歌を響かせてくる。

会場に入ってからずっとつけていたリストバンドが赤く灯って、私達の夢が始まった。

1曲め、A HEAD FULL OF DREAMSの前奏が始まった時、身体中が歓喜にふるえた。待っていた。ここに来たかった。ずっとここに来たかった。会いたかった。来てくれて嬉しい。ここで演奏して歌ってくれて嬉しい、とても。

リストバンドが黄色く点灯してyellowの前奏が始まって、会場中がクリスの声に包まれながら共に歌って、涙が出た。

キラキラの紙吹雪の中をクリスが走っていく。両腕を広げて花道の先端でくるくるとまわる。私達の思いが歓声となってクリスに注がれていく。

 

いちど照明が消えて、4人がアリーナの中央のステージに立ってシンプルなスポットライトのなかで演奏を始めた時は、これがアンコールかなと思ったが、まだまだ折り返しで、そこからもずっと走り続けた。

今や40歳のクリス マーティンだけど、声が出なくなるどころかどんどん歌が良くなる。最高だと思ってたのに更にその上を行ってしまう。

身体能力も鬼のように高く、あんなに動き回って最後まで疲れを見せない。

 

新曲の入りをとちって、今のはユーチューブに上げないでー!とバタバタした後に改めて歌われた曲の美しかったこと。

 

世界ツアーだ。世界の各都市をまわってきた。それぞれのステージで、何万人ものファンが同じ歌をうたってきた。その何万人ものファンはそれぞれの生活の中でコールドプレイの曲を買い、スピーカーやイヤフォンから聞こえるクリスの声に耳を傾けて一緒に口ずさんできた。それぞれの国の何万人が。 

I love Tokyoと言ってくれた。美しい都市で、また来れて嬉しいと。腰から日の丸の旗を下げてうたってくれた。きっとどの都市にも本気でそう言ってくれるんだろうと思う。そこに何万人ものファンがいて彼らへの愛を叫んでいる都市を愛さずにいられるだろうか?

先日、日本のヘヴィメタルバンドがアメリカに入国できずアメリカ公演を中止した。 白人で英国人のCOLDPLAYにも入国できない国はあるだろうし、そこにもCOLDPLAYのファンはいるだろう。

 

---

世界のあちこちの映画館で11月14日の夜に上映されたCOLDPLAYの映画は、私たちにまた一つ宝物をくれた。

ありがとう、COLDPLAY。あなた達がこの世界に居てくれて嬉しい。

常に頭の片隅を圧迫している

家に不要なものが多くなってきた。なんとか年末までに処分を進めたい。

 

・ベビーベッド

ミニとは言え、でかい。今は物置になっているが何が置いてあるのかわからない。時々「これこんなところにあったんだー」ってものが発掘される。

二人目できたら使うし…と思って取っておいたけど出来ないしもう良いです。処分します。

 

・サイズアウトした子供服

紙袋3個分くらいある。ほとんどヨレヨレでシミもあって売れるレベルではない。

 

・着なくなった自分の服

いっぱいある。この夏から会社では毎日ポッケ付きワンピースを着ることにしたので会社着として買った服は不要になった。と思う。本当に要らないんだろうか。しかしクローゼットを空けたい。実家から回収したナショジオ過去分の収納先にしたい。

 

・鉢植え

枯らしてしまった植物を引っこ抜いて燃えるゴミに。土は2ヶ月に1回の回収日に持っていく。

 

・本

本棚がいい加減あれなので何とかしたい。床に本を積まないところまで行きたい。

 

・オーブントースター

上の加熱が壊れてしまっている。修理するより買ったほうが安いくらいだった。いまは魚焼きグリルで代用している。

 

・古い食品

あちこちに賞味期限の切れた食品がしまってある気がする。

 

こういうのを公開したら、やる気が少しは…

今年買ってよかったもの

今年買ってよかったものエントリー書くぞ!

shlyme.hatenablog.com

 

【洗濯機】→買い替えました✨

容量が大きくなったので、子供用の布団を丸洗いできるようになりました。

 

【テレビ】→買いました!!!

洗濯機を買った足でテレビ売り場に行ったら考えなきゃいけないことが多すぎて完全に挫けたんですが、その後がんばって調べました。ハードディスクレコーダーとテレビ台も買いました。レコーダーが届いて接続しようとしたらテレビが映らなくなって、泣きながら実家に電話して未満都市を録画してもらいました。端子が折れただけでした。

いないいないばあっ!スプラトゥーン2以外でほとんど使えてないのですが、買ってよかったです。 

 

【ソファ】→買いました💕

黄色いソファを買いました。私はあまり座らないし、座ってテレビを見るには難しいレイアウトになってしまいましたが、買ってよかったです。娘がよく遊んでるし、なにより夫が一日中ソファに座って仕事をしているので。

 

【ベビー用ラック】→買えませんでした

ベビーベッドと小テーブルを物置とし、ぐちゃぐちゃのままです。

来年こそ、おもちゃ用のラックを買ってきちんとなる。

 

【クリスマスツリー】→買えませんでした

来年は買う。来年こそは。

 

【大きめのお椀】→買えませんでした

雑煮椀っていうらしいです。今年はどんぶりも割れてしまって、今日は親子丼をパスタ皿で食べました。年越し蕎麦は普通の汁椀にもったのでぎちぎちです。

f:id:shlyme:20171231224843j:image

 

ほかに買ってよかったのは、Nintendo switchスプラトゥーン2です。アミーボとアートブックも。

 

夫のエントリーもこれから読みます。

ksss9.hatenablog.com

おじさんになったひと

何年か前の12月の帰り道、初老の男性が2名と若者が1名「来年もよろしくお願いします」をしながら出てきた。お客様らしき人々と分かれた後も彼らは笑顔で和気あいあいと歩いていた。私は自然と彼らの後ろを歩くことになった。若者が「実はぼく今日おじさんになったんです」と言った。あとの2名がえ?どういうこと?と聞いてから、ああ、と合点がいったのを見て若者が続けた。「姉が赤ちゃんを産んで…」彼らは赤ちゃんのことを話しながら駅に向かっていった。私はマンションの玄関へ入ってからも気分がふわふわした。

ああいうふうに話せる上司と部下も在るのだ、きっとたくさん。
人間はきっともっと快適な関係をつくれる。いま歪んでしまったりぐちゃぐちゃに壊れてしまったりどうしようもない関係しかないように見える場所にも、大丈夫になれる可能性がある。あると思う。

愚痴や弱音を聞いてもらうためだけにもう一人自分が欲しい

愚痴とか弱音とか言いたい。感情をコントロールせずに思いきりまくしたてたい。愚痴や弱音を聞いてもらうためだけに、私が一人欲しい。

私だったら私がいちばん欲しいリアクションを返してくれるし、私だから守秘義務もプライバシーも気にしなくていいし、かいつまんでわかった気になってわかったようなこと言わずに私の思いをまるごと理解してくれるし、最後には痛いぐらいの痛くないハグをして慰めてくれるだろう。

サンジくん大好き

今週のジャンプのサンジくん、ヤバかったですね。惚れ直した。好き。ヤバイ。好き。対カリファ戦やらカマバッカ島の修行やら魚人島での鼻血やらサンジを好きだと思いにくくなることは多かったけど、サンジの過去編からずっとひたすらにサンジの優しさに打たれ続けてる。なんて愛しいひとなんだ。怪獣のバラードを今こそサンジのために歌いたい。海が見たい。人を愛したい。

 

結局わたしはこういうキャラクターが好きだ。ポケモンの博士ではプラターヌ博士が好きです。キャラデザのテーマがイケメンらしいです。イケメンでした。研究所の博士の部屋には楽器とレコード、美しい筆蹟で書かれた手紙は良い匂いがする。

 

欧米の映画俳優では、ジョセフ・ゴードン=レヴィットとデイン・デハーンが好きです。

音楽はコールドプレイしか聞かないです。今日はコールドプレイのライブです。VIP席買ってある。

 

ああ、愛する者がこんなにもいる。